韓国「文化の違い」を理解する【本音と建て前】

韓国人とのコミュニケーション

「文化の違い」を理解したコミュニケーション

韓国は街も人も日本とそっくりです。おもわず外国ということを忘れてしまいそうですが、 日本と韓国は似ているようで文化の違いがはっきりしています。 今回は、両国の違いを知りスムーズな仕入れ・取り引きができるよう「韓国人と日本人の違い」について考えてみましょう。

最近は「韓流」という言葉もあるくらい、韓国は日本でも馴染み深く最も行きやすい外国です。

韓国は日本国内を移動する気軽さで行くことができ、街の雰囲気や人々の体型も日本とほとんど変らないので、つい日本人と同じ感覚で相手を見てしまうことがあ ると思いますが、しかし韓国も立派な「外国」。日本と同じ感覚で接した途端に理解不能な場面に遭遇することがあります。

 

「本音と建て前」って何?

韓国と日本のハーフの私が思う韓国人の性格は「フレンドリー・エネルギッシュ・義理堅い・明るい・喜怒哀楽がはっきりしている(よく笑い、よく泣き、よく怒るなど表現豊な)」性格です。韓国人の、あの力強いエネルギッシュさは誰でも感じられるはず。

日本には「謙虚の美徳」という言葉がありますが、日本人は泣きたい時や腹立たしい時でも笑顔をつくることがあります。「顔で笑って心で泣いて・・・」というところでしょうか。

ところが、韓国人は気持ちがストレートで喜怒哀楽がはっきりしているので、その時の感情がすぐ伝わり、判りやすくてそれはそれで結構ですが、ビジネス上お付き合いをしていく上で怒りたい時でも日本流の建前で接すると一層ややこしくなる場面が多々あります。

 

おおらかであり時には激しい

韓国人は「ケンチャナヨ」(大丈夫です)「ケンチャナ!」(いいよ!)という言葉をよく口にします。

あ、ミスをしてしまった。。。そんな時でも相手は「あ~、大丈夫、大丈夫!」と「ケンチャナ!ケンチャナ!」とおおらかに言ってくれますが、それは日本でも「大丈夫」「いいよ〜」と同じ雰囲気です。しかし、日本はビジネス上や友人との交遊関係で思いっきり怒る、相手のミスを指摘することは滅多にありません。ですが、韓国人は言う時はとことん言います。仲が近い程disり合う、本音で接することが最も大事で、それが「信頼関係を築くプロセス」という韓国ならではの文化的なものが存在します。 

「韓国人の性格についていけない・・・」という日本の方もいらっしゃいますが、やはり違う文化を持つ「外国人」ということを忘れてはいけないところです。

 

韓国だけではありませんが「日本 VS 外国」を考えてみても時間に正確で、仕事も約束通りキッチリこなすのは日本の特徴なのかもしれません。諸外国は仕事とプライベートをしっかり区別し、意外と時間にルーズだったりします。

 

日本には日本の文化があるように、それぞれの国にも文化や習慣があります。海外との仕事をする場合は、日本人的な考えだけで相手をみるのではなく、気持ちをおおらかに、まず自分が柔軟に対応する必要があると思います。考えが柔軟になれば、自分では思いつかない海外ならではの面白い意見を聞くことができ、相手を理解することができるようになります。

  

本音でぶつかる!

日本人は「YES」と「NO」の意思表示が苦手な国民とも言われています。特に海外では言葉の問題もありますから、益々「なんでもいいです・・・」「どこ でもいいです・・・」という返事をしてしまいがちですが、外国ではせめて「YES」と「NO」の表示だけはハッキリと示したいものです。逆に「どちらでも いい・・・」という態度の方が現地の方たちには理解できないようです。

韓国で仕入れをする場合は、腹を割って、本音で話してみましょう。相手を理解したいという姿勢を見せれば海外での交渉もスムーズにいくことは間違いありません。



Author
1981年生まれ(35歳)23歳で韓国と日本に法人を設立。12年間 韓国と中国で仕入れや生産をし、日本にて卸業と物販を営む。その経験とノウハウを沢山のバイヤーに届けるためにバイヤーのための情報サイト【BUYHOW】を立ち上げる。