2018年 今年の韓国の旧お盆休暇はいつ?

旧お盆とは?

日本のお盆休みは8月ですが、韓国や中国は旧暦でのお盆(旧暦8月15日にあたる日)に休みます。
この時期は日本のお盆時期と同様、祝日扱いとなり、銀行などの金融機関や大手民間企業もほぼこれに準じて休業いたします。旧正月、釈迦誕生日、秋夕(お盆)の3つは旧暦を基準とする祝日で日本と同様、帰省時期になりますが太陽暦のカレンダー上の日付で換算するので日程は毎年変わります。

2018年 韓国カレンダー上での秋夕(お盆)は以下の通り。

2018年今年の旧お盆は9月22日、23日で、25日は鉄道の日で祝日になります。今年はお盆が土日のため、代替休日が24日、26日になります。

 

今年の東大門総合市場の休みはいつ?

8月7日 現時点ではまだ東大門総合市場の休暇日程情報は出ておりませんが、予測では以下の日程になるかと思われます。

韓国の数々の情報サイトや企業の休暇日程を調べたところ、9月22日〜26日まではお盆休みと振替休日なので、27、28日を休むと29日、30日は土日なので、おそらく全体的に22日〜30日までの大型休みになると予想されます。

 

(9月の東大門総合市場の休暇情報が正式に公表され次第、BUYHOWにてお届けします)

 

今後の東大門の商品展開の流れ

8月の夏休暇以降から旧盆休み前までの約1ヶ月半の間は例年、夏物から秋物の新商品が短期間で早い展開が行われ、再入荷・再生産がされ難い時期になります。早いところであれば冬物を展開し始めるところもありますが、この時期に出始める冬物はお盆休み明けにも続くことはありますが、本格的な冬物を仕入れる場合はお盆休暇後に仕入れることをお勧めします。

これから仕入れに韓国に行かれる予定の方は韓国の夏休暇が終わり日本のお盆休みが終わった8月16日以降〜9月半ばまでがオズズメ。調べによると関東からソウル行きの航空券は8月いっぱい少々値段が高いのでお勧めは9月上旬になります。

次回は失敗しない秋物の仕入れ方をお送りします。


Author
1981年生まれ。服飾デザイン専門を学び10代は109店員を経て23歳で独立。 韓国と日本にアパレル専門法人を設立し韓国と中国にて生産や仕入れを行い日本にて仲卸業と物販を12年間経営。物販から引退を決意し2015年ショップ売却後、長年の経験とノウハウを沢山のバイヤーに届けるためにバイヤーのための情報サイト【BUYHOW】を立ち上げる。