効果的なランディングページをたった1時間で作成するには?

各分野のプロフェッショナルが、発信するショップ運営ハウツーコーナー。
今回は、株式会社ホットスタートアップ 山下さんより【効果的なランディングページ作成方法】について伺いました。
cut

はじめまして。『ペライチ』という「誰でも・カンタンに・素早く」キレイなデザインの全デバイス対応のホームページやランディングページをご自身で作成できるウェブサービスを開発・運営しております、株式会社ホットスタートアップの共同創業者 山下と申します。

 

今日は、「ランディングページを1時間で作成する方法とはどのようなものか?」「ECに効果的なランディングページとはどんなものか?」をお話ししたいと思います。

 

 

■そもそも、ECになぜランディングページが必要か?

ネットショップをもたれている方の場合、特定のキーワードのSEOやSNSの投稿、または広告などのリンク先ページとして自社のネットショップにリンクをさせている方を今でも多くお見受けします。実はこれは本当にもったいないことです。

 

ネットショップというのは一般的に、様々な種類の多数の商品を掲載しています。商品によって、それを好むターゲットや、商品を買うニーズが異なります。お金をかけてプロモーションをする場合は、費用対効果が重要になりますので、

 

・ターゲットの属性

・ターゲットのニーズ

・広告のキーワードやクリエイティブ

・リンク先ページの訴求

 

これらを一気通貫して親和性を高める必要があります。どこかでミスマッチを起こしてしまうと、クリック率や購入率を大きく落としてしまいます。ニーズの異なる多数の商品を掲載するネットショップをリンク先としてプロモーションを行う場合、費用対効果が非常に悪く、いわば「ザルに水を注ぐようなもの」なんです。ですので、きっちりとした受け皿を設けることで、購入率を高め、費用対効果の高いプロモーションを実現しましょう。

イメージ1

イメージ:ターゲット属性・ニーズ・ページの訴求がバラバラだと購入率が低くなってしまう。

 

 

■プロモーションに効果的なランディングページ

その際に効果的なのがランディングページです。各メディアからランディング(着地)させるページです。ターゲットの属性やターゲットのニーズに合わせた商品のみを掲載、メッセージを訴求することで、購入率を高めることができます。

イメージ2

イメージ:ターゲット属性・ニーズ・ページの訴求に一貫性をもたせることで購入率は高まる。

 

 

ランディングページは一般的に、1ページの中で完結するフォーム一体型のものがユーザーの離脱を最も少なくし、購入率を高められることが知られています。

 

そのフォーム一体型のランディングページをご自身でカンタンに作成できるのがペライチです。

 

 

■慣れれば1時間以内でランディングページがつくれる「ペライチ」

ペライチの特長は下記の4つです。

 

・”シンプルで直感的な操作性”で、誰でも・カンタンに・素早くつくれる

・プロがデザインしたテンプレートをつかうことで”用途に応じたオシャレなページ”が誰でもつくれる

・どのデバイスのアクセスにも自動で最適な見た目で表示(レスポンシブデザインを採用)

・無期限無料から作成・公開できる

 

その中でもペライチは最初の「シンプルで直感的な操作性」に最もこだわっています。世界中を見回すと、ウェブページをつくれるサービスはいくつもありますが、「世界で最もカンタンにつくれる」を実現するために開発をしています。

イメージ3

 

 

ページ制作をされたことがない方だと、初めのうちは構成を考えることに少し時間がかかる方もいらっしゃいますが、ペライチなら慣れれば1時間以内にはランディングページをつくることができます。

 

また、広告のランディングページとしてペライチを利用される場合、とても便利な機能があります。それが「複製機能」です。

 

gazou4

イメージ:マイページから既に作成したページはボタンを押すだけで複製できます。

 

 

ペライチでは、一度作成したページを「複製ボタン」をクリックするだけでページの複製が可能です。

 

・少しパターン違いのランディングページをつくりたい!

・メインのビジュアルやコピーだけ差し替えてA/Bテストをしたい!

 

そんなときにはボタン一つで作成したページをコピーし、「ものの数分」でパターン違いのランディングページを作成することが可能です。

 

 

■ECに効果的なランディングページとは?

それでは、特にECにおいて効果的なランディングページのお話しをしたいと思います。ターゲットの選定、ニーズを把握し、適切な商品を選定したとして、その上で効果的なランディングページをつくるためには構成がとても大切です。一例として、下記のような要素を取り入れてみてください。

 

  • ファーストビュー

ページの訪問者が最初にみるページ最上段の部分。「買いたい!」と思ってもらえるか思われないかは、このファーストビューが最も大事です。訴求力の高いメッセージや、大きくて興味をそそる写真、申込バナーなどを設定しましょう。

 

  • 実績

メディアの掲載、ランキング、賞の受賞歴、アンケート結果など、実績をアピールすることで興味をもってもらい、信頼を獲得しましょう。

 

  • 悩み・課題

お客様が抱えている悩み・課題を公表することで共感を生みましょう。

例 : ○○の調査結果で日本人女性の約60%が肌の乾燥で悩んでいることが明らかになりこんな声があがっています → 共感を生む具体的な声を紹介

 

  • 開発のエピソード

お客様に共感していただける背景やストーリーがあれば公開しましょう。

例:「実は私も同様の悩みを抱えていて、乾燥に悩む女性を一人でも多く助けたくて開発しました」

 

  • 商品の特長・効果効能

商品の特長や効果効能などを偽りなく、法律などに則った上でわかりやすく記載しましょう。なぜその効果効能があるのか?など具体的なメカニズムや理由づけも記載しましょう。

 

  • 購入者・利用者の声

購入者や利用者の声を掲載することで、生の声をお客様に届けましょう。できるだけ、顔写真・指名・年齢などの詳細な情報を掲載し信頼性を高めましょう。温かみを感じる手書きなども効果的な場合があります。

 

  • お墨付き

専門家や専門機関、著名人などのお墨付きをいただけると信頼感が増します。きちんと社会的な信頼のあるところからお墨付きをいただきましょう。

 

  • 流れ

「登録までの流れ」「購入までの流れ」などを明確にすることで安心感が増し、商品が手元に届くまでの流れなどを具体的にイメージできます。

 

  • 運営者情報

自分たちが何者なのか?をきちんと情報開示しましょう。

 

  • その他

販売に必要な特定商取引法やプライバシーポリシーの掲載、また、配送・送料、キャンセル、返品、交換など、お客様が気になる情報をきちんと掲載することで信頼を高めましょう。

 

上記のような要素をきちんと掲載することで、お客様が安心して商品を購入できるページにしましょう。

 

 

■”商品を売る”ではなく”体験を売る”という意識

ページを作成する際に非常に大事なこととして重要な事をもう一つお伝えします。それは、ページ上では「”商品を売る”ではなく”体験を売る”」ということです。ショップオーナーさんの多くは、お客様から「商品を買ってもらっている」と思う方が多いですが、実は「商品を購入するという”体験”を買ってもらっている」のです。

 

実際の店舗をイメージすればわかりやすいと思いますが「どこにでもあるような商品でも特定のお店から買うことがある」方も多いのではないでしょうか。それはなぜか?もちろん「立地が良いから」という理由もあると思いますが、

 

・お店の雰囲気が好き

・店員さんが感じいい

 

など、商品とは一見関係がないことが決めてになっていることも多いはずです。つまり、それが「購入するという”体験”」なのです。これをECでも意識するとショップの購入率がかなり高まります。具体的には、

 

・商品へのこだわり、ストーリーをきちんと伝える

・キレイな商品写真を掲載する

・運営者や開発者などの顔やひととなりを写真や動画できちんと伝える

・商品やサービスの世界観を写真や動画で伝える

 

などです。ネットショップというのは何もしなければ冷たい印象を与えてしまいます。そこに人が存在しないからです。だからこそ温かみを感じるページを目指しましょう。

 

 

■ペライチはSEOにも強い

ペライチは広告のランディングページとしても使えますが、そのページ自体を検索で上位表示させるSEOがとても強いサービスです。ターゲットやニーズ毎にカンタンに素早くページが作成できるため、正しくキーワードを設定すれば、お金をかけたプロモーションをせずとも、自然検索からの流入も見込めます。

 

今回お話したポイントをもとに”購入率の高いショップ”をお作りいただき、SEOや広告を上手く活用することで費用対効果の高いショップの運営を実現しましょう!

 

 

 

山下 翔一(Shoichi Yamashita)
株式会社ホットスタートアップ

1983年、佐賀県生まれ。
2008年、広島大学大学院理学研究科数学専攻 博士課程前期修了。

2008年より広告代理店にてプロデューサーとして、上場企業をメインに30社以上の事業戦略・マーケティング・PRなどを請負い、数々の会社のネットプロモーションによる集客数の記録を塗り替える。

2014年4月に株式会社ホットスタートアップを設立。現在は同社Co-Founderとして『ペライチ』における開発以外の全ての業務を担当。主に「マーケティング・広報・PR」「20社以上の外部企業とのアライアンス」「メンタリストDaiGo氏とのタイアップ」「助成金+企業研修プロジェクト」「NPO支援プロジェクト」「ユーザーサポートやコミュニティの構築」などを手掛ける。

さらに個人として大手企業4社の事業コンサル・WEBコンサルを請負っている。

株式会社ホットスタートアップ
http://hotstartup.jp/

ペライチ

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

Author
アパレルバイヤーやショップ運営のための仕入れノウハウ、ハウツー情報をお届けします。