【3大モールへの出店】各メリット&デメリットを検証!

ネットショップには主にいろんなショップが出店しているモール型サイトと独自で設けた自社サイトの2つに分け出店するという方法がありますが、それぞれのポイントを抑えておきましょう。

BUYHOWでは各業界のプロフェッショナル達によって、仕入れやショップ運営のハウツーを発信しております。
第5回目、Hamee株式会社 野口様より【日本の3大モールのメリットとデメリット】について伺いました。

3大ネットショッピングモールの楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon。結局どこで店舗を構えるのが良いのか迷ってしまいます。これから店舗を開設したいと考えている方に賢く選択いただくため、各ネットショッピングモールのメリットとデメリットをお伝えします。

005
■楽天市場

 

・メリット

楽天市場の持つ最大の魅力は「集客力」です。
楽天は出店者の店舗集客や売上アップのためにサポートやコンサルに力を入れています。
「楽天スーパーセール」など定期的に開催されるキャンペーンの提案、商品ページの作り方や商品の紹介方法を的確にアドバイスがいただけます。
楽天のもうひとつ魅力が「楽天スーパーポイント」。100円につき1ポイント貯まるようになっていますが、「ポイント◯倍」などのキャンペーンを楽天負担により開催してくれることがあります。

 

・デメリット

楽天市場が集客に優れているのは事実ですが、それは同時に「楽天に出店している他店との競争」を意味します。
ユーザーは通常、楽天市場トップページからキーワード検索をして商品を探します。膨大な数の検索結果がヒットし、検索上位のページからアクセスされます。つまり、楽天市場内においてもSEO対策が必要ということです。よってタイトル(商品名)の付け方がとても重要になります。

 

 

■Yahoo!ショッピング

 

・メリット

Yahoo!ショッピングの特徴は何といっても、「初期費用が無料」「毎月の固定費が無料」「売上ロイヤルティが無料」です。
Yahoo!ショッピングに出店するハードルを下げ、出店しやすい環境を構築しています。
楽天市場と異なり、顧客の同意があれば、顧客のメールアドレスを保有することができ(プロフェッショナル出店の場合のみ)、自由にリンクを貼ることが可能になっています。またYahoo!ショッピングの最大の魅力として、「Tポイント」があります。Yahoo!ショッピングの販促力向上に一役買っています。

 

・デメリット

Yahoo!ショッピングの月間ページビュー数は、楽天の7分の1です。楽天やAmazonと比較すると、Yahoo!ショッピングの集客力は劣ってしまいます。しかし、独自ドメインのショップと比較すれば、Yahoo!ショッピングの集客力は十分高いです。

 

 

■Amazon

 

・メリット

Amazonは、出品者アカウントを作るだけで、商品1つからでも、すぐに出品できます。
楽天やYahoo!ショッピングは「店舗を出店する」というイメージですが、Amazonは「店舗」という概念は薄く、「商品を出品する」というイメージです。
Amazonの特徴的なシステムに、FBA(フルフィルメント by Amazon)というものがあります。FBAというのは、在庫管理や、商品の梱包・発送といった作業を、Amazonが全てやってくれるという、夢のような仕組みです。

 

・デメリット

楽天やYahoo!ショッピングと違い、Amazonは「店舗」という概念が薄く、
ユーザーも「Amazonで買い物をしている」という認識があるだけで、どの出品者から購入しているかということは認識が薄いかもしれません。
商品が売れるたびにAmazon側に支払うロイヤリティ(上納金)が若干高いです。
販売手数料として、売値の8%〜15%がかかります。

 

図1

 

さいごに

ネットショッピングモールに出店することの最も大きなメリットは集客力があるということです。
一方では出店しているショップが多く競争が激しいことも事実です。
「差別化が難しい」「認知がされにくく集客が難しい」「出店料の負担」といったデメリットも考慮する必要があります。上記、モールごとのメリット・デメリットを参考にモール出店を進めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

野口 智和(Tomokazu Noguchi)
Hamee株式会社

プラットフォーム事業部ECマーケティング部ディレクター
EC市場を応援するハイブリッドメディア「ニューアキンドセンター」を運営中

サービス紹介

1285-5

ネクストエンジンのメイン機能は受注、在庫、商品ページの管理など、ネットショップ運営に必要な複数の機能を一括管理できるサービスです。
導入店舗数16,793店!(2016年4月)

 

 

Author
アパレルバイヤーやショップ運営のための仕入れノウハウ、ハウツー情報をお届けします。