ショップのドメインはどうしたらいいの?わかりやすい【ドメインの選び方】

各分野のプロフェッショナルが、発信するショップ運営ハウツーコーナー。
第4回目のお題は、GMOペパボ株式会社 渕野さんより【ドメインの選び方】について伺いました。

 

はじめまして!「ムームードメイン」というドメイン取得サービスのスタッフをしております、渕野と申します。覚えやすいショップ名を決めたら、次はショップのドメインを決めましょう。


「ドメイン」
とは、ショップのURL(http://★▲.com)の「★▲.com」にあたる部分のことです。

 

いま「どうせみんな検索でホームページにくるだろうし、ショップのドメインはなんでもいいかな……」と思いませんでしたか? その心の声、私には聞こえました。

「たかがショップのドメイン」と侮るなかれ。
そのドメインは、あなたが作るおしゃれなショップカードに掲載されるでしょう。人気ショップとして雑誌やテレビで紹介されることになったら、あの大物芸能人の横にあなたのショップのドメインが表示されるかもしれません。
そうです。ネットショップにおけるドメインは「ショップの顔」となるのです。

そんなドメイン名の選び方から取得まで、この記事でばっちり解説していきます!

 

■「ドメイン」はたくさんある!

BUYHOW,アパレル,ハウツー,domain,ドメイン

「ドメイン」と聞いた時にまず思い浮かぶのは、「.com」や「.net」でしょうか? この「.com」や「.net」などの「.◯◯」のことを「トップレベルドメイン(TLD)」と呼びます。

実はこのTLD、2016年現在で1,000種類以上あります(https://newgtlds.icann.org/en/program-status/delegated-strings)。

 

おおまかに分類すると、

・「.com」や「.net」に代表される「ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)」

・2013年ごろから新たに登場してきた「新gTLD」

・国名コードを元にして作られた「国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)」

これらのドメインから、あなたのショップにぴったりなドメインを選んでいきましょう。
それぞれの特徴やメリットなどを順番に解説していきます。

 

 

■定番!「gTLD」

おそらく「ドメイン」と聞いて真っ先に浮かぶのが、「.com」「.net」などに代表される「gTLD」でしょうか。「.com」などは、ほとんどの人がひと目で「ホームページであること」を認識できるほどポピュラーな存在です。また、価格もほとんどのgTLDが年額1,000円程度で取得することができます。

ドメイン取得サービスである「ムームードメイン」なら、6月9日現在1,160円(税抜)でした(時期よってはこの半額程度のこともありますのでサイトをこまめにチェックすることをお勧めします!)。ひと月あたりに換算すれば100円程度とかなりの低コストです。馴染み深いドメインをこの価格で利用できるなら、コストパフォーマンスも高いですね。

ただし、「.com」や「.net」はポピュラーな存在ゆえのデメリットもあります。ドメイン名は先願制で、同じ文字列のドメインは世界でふたつ存在することができません。例えば「muumuudomain.com」という文字列のドメインを、他の誰かが先に取得していたら、同じ文字列を別の人が取得することはできません。「.com」や「.net」は歴史も人気もあるドメインですから、一般的な文字列はほとんど先に取得されてしまっています。せっかく覚えやすいショップ名にしたのに、その文字列でドメインが取れない…なんてことが起こりやすいのが難点です。

 

自分の希望するドメインが取得されているかどうかは事前に調べることができます。
もし先に取得されてしまっていたら、他の単語と組み合わせて自分のショップならではの個性を出してみるのも一つの手段です。

 

「gTLD」のまとめ

gLTD

 

 

■個性で勝負!「新gTLD」

紹介したように、一般的なドメインといえば「.com」「.net」でしたが、実は2013年頃から定番のドメインに加えて、新たな文字列のTLDが続々登場してきています。その数なんと数百種類以上!眺めてみるだけでも楽しいかもしれません。

例えばファッションや職業に関連する単語を利用したTLDなら「.fashion」「.shoes」「.clothing」「.cafe」などなど……。
あなたのショップのジャンルにぴったりなものを見つけることができるかもしれません。

また、新gTLDを使うことで、そのサイトがどんなモノをあつかっているのかがひと目で分かるうえに、他のショップとは一味違うURLは顧客の興味を引くきっかけにもなります。

さらに、これらの新gTLDは登場から間もないため、比較的一般的な単語でもまだ他の人に取得されていないという特徴があります。

あなたのショップ名にぴったりのの文字列で取得できる確率は、従来のgTLDと比べて高いといえます。

そんなインパクト大でキャッチーな新gTLDですが、難点をいえば、従来のgTLDに比べてやや取得費用が高めといったところでしょうか。例えばムームードメインで「.fashion」は年額2,980円(税抜)など、2,000~5,000円台が一般的な価格帯です。とはいえ、年間で数千円程度のわずかな差と考えることもできそうです。

 

「新gTLD」のまとめ

ngLTD

 

 

■短い!「ccTLD」

これまで紹介したgTLDの他に、各国で管理しているドメインがあります。「国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)」と呼ばれており、日本で言えば「.jp」がこれにあたります。

「.in」(インド)や「.be」(ベルギー)などは近年よく見かけるようになってきました。基本的に2文字のため、文字の組み合わせがしやすく、短く個性的なドメインが作れるのが特徴です。例えば動画配信サービスのYouTubeは、短縮用URLとして「youtu.be」を使っていて、「YouTube」というサービス名の一部を「.be」で表しています。

工夫次第で、ショップ名にぴったりのユニークなドメイン名が作れるかもしれません! 価格は「ムームードメイン」で1,000円台~数万円と様々です。

 

基本的に多くの国のccTLDが取得可能ですが、種類によっては、そのccTLDを管理している国の住所が必要であったり、突然管理方針が変更になって利用できなくなる事例も過去にはあるため、注意が必要です。メインで使用するドメインとは別に、SNS投稿時の短縮URL作成などでの利用が安心かもしれません。

 

「ccTLD」まとめ

CcLTD

 

 

■ドメインはどこで取得したらいいの?

ここまで読んだあなたは、今すぐにでも自分のショップにピッタリのドメインを探したくてたまらなくなっているはずです。「ドメイン」などの単語で検索すると、たくさんのドメイン取得サービスが出てきます。取得費用もサービスによって様々ですから、初めてのドメイン取得であれば、いくつか比較するのもよいでしょう。

BUYHOW,アパレル,ハウツー,domain,ドメイン

ムームードメイン」では、あなたの希望する文字列が取得できるかどうか、数百種類のドメインの中から一括で検索することができます。また、サポートやマニュアルも充実していますのでから、初めての方でも安心して取得できると思います。

さらに「ムームードメイン」はネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」と連携しているので、あなたの取得したドメインでのショップ運営を簡単に始めることができます。

 

ぜひ、ネットショップの「顔」であるドメインを使いこなして、あなたのショップをもっと磨き上げていってください。
最後までお付き合いいただきありがとうございました! 素敵なショップになるよう、微力ながら応援しています!

 

 

渕野航介(Kosuke Fuchino) 

GMOペパボ株式会社
ホスティング事業部ディレクターチームディレクター
2012年入社。入社後は法務を担当。
2015年2月に東京本社から福岡支社へ転勤し、
「ムームードメイン」をはじめとするホスティングサービスのディレクションやマーケティング、企画立案を担当。
乃木坂46の白石麻衣さん単推し。

 

会社案内
logo

GMOペパボは「インターネットで可能性をつなげる、ひろげる」をミッションとし、ひとりひとりが持つ力や可能性をひろげるために、インターネットと表現の可能性を追求しながら、レンタルサーバー「ロリポップ!」やドメイン取得サービス「ムームードメイン」、ネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」、日本最大のハンドメイドマーケット「 minne 」、オリジナルグッズを手軽に作成・販売できる「 SUZURI 」をメインとした個人向けインターネットサービスを提供しています。場所や背景にとらわれず、いろいろな人たちがインターネットで可能性を開花し、活躍できるための新たな環境を創造していくことを目指しています。


ドメイン,ショップ名,決める,ハウツー,ノウハウ,通販,ショップ,

 

 

Author
アパレルバイヤーやショップ運営のための仕入れノウハウ、ハウツー情報をお届けします。