肝心要!ショップ名を決めるときのポイント

各分野のプロフェッショナルが、発信するショップ運営ハウツーコーナー。
第3回目のお題は、サヴァリ株式会社のコンサルタント、田口さんより、【お店の名前の付け方】について伺います。

バイハウ お店の名前を決める

 

■後悔先に立たず・・・

ショップを開業する際に、真っ先に悩む事として”店名をどうしよう?”と頭を抱えると思います。
一回つけた名前は後で変更してしまうと、SEO対策面でもマイナスになる可能性がありますし
お客様への印象を考えてもデメリットが多いので、それを踏まえショップ名を決める際のポイントを御紹介させて頂きます。

1385559632g62z3


■大事なポイントは2点

お店の名前を決める上で大事なポイントは大きく分けて以下の2つです。

・印象強い名前  
読みやすい・覚えやすい・他に無い「名前」であること。

・SEO対策に強い名前
検索でSEO効果が出やすい名前であること。

この2点の観点から決める事がとても重要となります。

 

◆SEOとは?

皆様が何か調べ物をする際に、GoogleやYahoo!をはじめとする検索サイトをご利用されたことがあると思います。これらの検索サイトで検索をしたときに、運営されているホームページをより発見しやすくするためのホームページのチューニング対策のことです。

 

SEOに強い店舗名とは・・・?

 ・記号が入っていない事

 ・ショップの名前に商材のキーワードが入っている事

 ・ユニークで類似の店名が無い事(検索で上位を狙う為にも)

 ・15文字以内である事(Googleの検索結果は日本語で30文字前後しか表記されませんし、長いと覚えてもらい難いです)

 

印象強い名前とは・・・?

 ・シンプルかつ短い名前である事

 ・リズムの感のある名前である事

 ・ユニークで類似の店名が無い事

 ・漢字、アルファベット等を混在させないこと。

 

例えば、覚えやすいく印象感がある名前としてカタカナ3文字から4文字であり、濁点(バビブベボ、パピプペポ等)の要素が入っている名前が挙げられます。赤ちゃんが最初に覚えやすい言葉が濁点の入った文字であることからも、とてもインパクトを与えやすいです。

逆に、失敗例でよくあるケースが、アルファベットで書くか、カタカナで書くかはっきりしない名前です。スペルを間違えて検索されなかったり、店が話題になるチャンスが来たときにユーザーからの検索が分散されてしまいます。

 


会社名とショップの名前は、同じ方がよいの?

たくさんの様々なショップやサービスを展開している場合はそれぞれに合う名前をつけるべきですが、一つのジャンルに特化したサービスを展開していく予定であれば一緒にできるのであれば、同じ名前にした方が望ましいです。
◯◯会社の△△ショップよりも、例えば靴で有名なABC-MART の運営会社の名前は株式会社エービーシー・マートになります。わかりやすいですよね。このように英文字からカタカタに書き方を変えて企業名とショップ名を同じくするのも良いと思います。

 

これらの点を踏まえて、魅力的で記憶に残るお店の名前を決めていただければと思います。

 

 

田口 徹Toru Taguchi
田口 徹(Toru Taguchi)

サヴァリ株式会社  
ECマーケティング事業部コンサルタント

略歴:ダンサー・飲食業、IT企業等を経て、現在はサヴァリ株式会社にてコンサルタントとして活躍。 主にEC事業スタートアップの企業様向けサービス「Bee-Storeテスト販売プラン」のコンサルティングを担当。 私生活では2児の父。趣味は料理と格闘技(やる方)。
専門分野:ネットショップ関連、ダンス関連、飲食関連

 

 

 

 

Author
アパレルバイヤーやショップ運営のための仕入れノウハウ、ハウツー情報をお届けします。