ショップ運営は『No.1』『only 1』を意識!

前回は商売に欠かせない『ブレないコンセプト』掲載させて頂きました。
本日は GMOメイクショップ株式会社 師橋 淳一さんからの提言をご紹介させて頂きます。

 

ショップコンセプト,誰に?,何を?,なぜ?,ハウツー

■『誰に売るか』を考えると、自ずとコンセプトが固まってくる。

お店を開業する際に皆様の頭を悩ますのがコンセプトです。
そんなコンセプトを固める上で意識するコツとして『誰に売るか』を、考えると自ずと道が開けるものです。

誰に売るか?、ですが、男性、女性、年齢層、ここまでは皆様想像します。
更に、ライフスタイルは?家族構成は? など自社製品を買う方を洗い出します。すると、仕入れる商品、ネットショップの写真素材、リアル店舗の内装、立地などが具体的になります。

 

■サービスの「コダワリ」をどう活かす?

どのショップ様にも多かれ少なかれ、こだわりがございます。
『どこよりも安く』がテーマならXS〜XXLまでのサイズラインナップは抜け目なく用意する必要がありますし、『どこよりも良いものを』と言うこだわりならば、アパレルのネットショップならトルソーに着せた商品画像よりも、モデルに着せた商品画像で解りやすく見せたり、野外ロケ撮影での商品イメージ写真に特化して良い製品のアピールをする必要があります。

 

■使えるキャッチコピー『No.1』『only 1』

皆様のショップに『No.1』もしくは、『Only1』を掲げることをお勧めします。

No.1は、他の競合ショップと比べて負けない点をアピールすることです。
このキャッチコピーに伴い商品やサービスへのこだわりがお客様に刺さった際には絶対的な信頼を勝ち取ることが可能です。

例)
品揃え日本一!
接客知識ナンバーワン!
累計販売実績ナンバーワン!

 

オンリーワンは、他にない自分だけの強みをアピールすることです。
このキャッチコピーに伴い商品やサービスへのこだわりでお店のファンを獲得しやすいです。


自社独自製法
特許取得済

 

ネットショップの場合はトップページや、メルマガなど ありとあらゆる所に露出してみてください。

 

GMOメイクショップ株式会社 師橋 淳一
GMOメイクショップ株式会社
代理店・パートナー特命担当
師橋 淳一 (Junichi Morohashi)

略歴:1981年生まれ
GMOインターネット株式会社に入社後、法人営業統括本部最年少マネージャーとして佐川急便との合弁会社立ち上げに従事。その後、 GMOメイクショップ株式会社にて西日本支社設立プロジェクトを立ち上げ2013年にGMOメイクショップ株式会社西日本支社設立。 翌年2014年8月にグランフロント大阪へ支社拠点を移転。 2015年には、代理店営業部署(通称パートナーチーム)を構築。 ネットショップ業界国内最高件数である4,900社加盟の代理店制度を達成。

業界No.1の機能数を,20日間無料で体験できます。

 

 

 

Author
アパレルバイヤーやショップ運営のための仕入れノウハウ、ハウツー情報をお届けします。